Twitterはこちら instagramはコチラ

3点見直して固定費削減!かんたんにできる節約方法

固定費見直し

管理人のひろくまです。

今回は毎月の固定費を見直しましましょうっていう記事です。

世の中には一人暮らしの方、家族で住んでいる方などさまざまですが、生活している中で

節約を経験したことがありますか?例えば、節水・節電・外食を控えるなどなど。

しかし毎月貯金が出来ずに苦しんでいる方も少なくはないでしょう。

でもちょっとした生活費の見直しすることで固定費を下げる事が出来ます。今回は我慢せずに見直し出来る方法をなるべく簡単にご紹介します。

 

 

まず固定費とは何?

日々、何もしなくても毎月定期的にかかる費用です。

  • 家賃
  • 通信費(固定電話・携帯電話など)
  • 水道光熱費
  • 保険(生命保険・自動車保険)
  • 教育費(家庭環境により異なります)
  • 車などのマイカーローン
  • その他毎月かかる支払いなど(月額のジム・VODなど)

固定費の何を見直せばいいの?

固定費を見直すには「家賃」「通信費」「保険」を見直すだけで固定費が下がるので

生活費が改善されます。

家賃の節約

家賃は賃貸の場合に限りますが、現在住んでいる賃貸より安い物件に引っ越しすることです。

実際に世の中には空いている物件がたくさんあります。仮に今より1万円安い物件でも同じ条件の部屋は探せばいくらでも出てきます。再度物件を探して敷金・礼金などの入居費用を払ったとしても、

月1万円の節約=1万円✖12カ月=1年で12万円の節約に。

10年間で120万円の節約になります。

初期費用がかかったとしても月たった1万円の節約かも知れませんが将来的にトータルでプラスになる計算になります。

住宅ローンを組んでいる方は金利が安いローンに借り換えをおすすめします。

保険の節約

自動車保険の見直し

自動車保険は最初に入った保険のまま車両変更したりして入っている方がほとんどかと思います。

自動車保険の固定費はインターネットでの自動車保険の変更をおすすめします。

詳しくは別の記事で紹介しています。

 

生命保険の見直し

生命保険は1万円以上保険料を払っている方は高い保険料です。インターネットや都道府県民共済などで見直せば

大幅に固定費を下げることができます。

こちらも別の記事で紹介しています。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

火災保険の見直しはこちら

火災保険の見直しで家計を節約

通信費の見直し

3大キャリアの携帯会社の利用客は1人あたり毎月7,000円あたりから、端末代を分割払いしている方は10,000円を超える支払いをしているでしょう。

固定費を下げるなら格安SIM会社に契約変更してみてはいかがでしょうか。現在端末代を分割で支払いしていても端末代の支払いは分割のままで基本料金をプランのみ格安SIMの会社に変更することが可能です。

いままで毎月7,000円払っていた携帯料金は楽天モバイルなら一番安いプランで2,900円になります。

7,000円-2,900円=3,100円の節約

毎月3,100円で年間3,100✖12カ月=37,200円節約

10年間で372,000円の固定費削減となります。トータルで考えると安い中古車買える額ですね。

こちら4点目になりますが、オマケで電気代の節約です。

電気代の契約はほとんど都内近郊では東京電力・関西では関西電力あたりが主流ですが、

電気会社も別会社に変更することにより電気の基本料金を節約することができます。

 

まとめ

家賃の節約

まずは1万円安い物件に引っ越しましょう

初期費用以上の節約が可能です。

保険の節約

自動車保険の見直し

インターネットの保険会社に入りましょう。

ネット割引など有。ネット保険は安い。

生命保険の見直し

1万円以上の保険料は高いので見直しましょう。

ネット保険や共済に加入しましょう。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

通信費の見直し

格安SIMに変更しましょう。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

そして電気代も見直し

基本料金が安い電気会社に変更しましょう。

 

「3点見直して固定費が下げよう!誰でも簡単にできる節約術」

おまけで4点の固定費を下げる方法を紹介しましたが、一気にやらずに、まずは少しずつ出来る事から始めていきましょう。

今回はコツコツと節約できて固定費も改善されて貯蓄も増えていく、そんな方が増えてくれたらと

紹介させていただきました。

管理者は固定費を見直して浮いた資金を投資に回しています。こちらではまず3点からはじめる節約の記事の説明をしましたが、さらに節約をしたい方はをこちらで紹介していますので興味がある方は参考にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました