Twitterはこちら instagramはコチラ

がん保険に入ってもガンは治らない!お金がもらえるだけ【必要か?】

がん保険に入ってもガンは治らない!お金がもらえるだけ【必要か?】 保険の見直し

こんにちわ!

今回はがん保険の必要性について解説します。

 

がん保険に入っているかたは

どんな理由でがん保険に入っていますか?

  • 万が一の備え?
  • 「がん」と申告されたらお金がもえらるから?

などでしょうか。

「がん」と申告されたら1発で100万円もらえるキャッチセールなどありますが

ホントに必要なのか。

 

保険の大前提は

なにかあった時に生活の困窮を防ぐために保険にはいるもの

 

結論として

がん保険は必要ない

ということを解説します。

 

この記事を見ると

  • がん保険に入っても治らない
  • がんになってもお金がもらえるだけの保険
  • がん保険は得なのか?
  • がん保険に入るくらいなら貯金をしておく
  • がん保険がいらない理由

こんなことをサラッと解説をします。

今後のがん保険の見直しの参考にしてみてください。

がん保険とは

がん保険とは

がんになる確率は低いが

万が一たまたま

がんになった時に生活が困らないために入る保険です。

 

これはがん保険に限らず

どんな保険にも共通することです。

 

しかしがんは

  • 明日なるのか
  • 5年・10年後になるのか
  • 30年後になるのか

誰にもわかりません。

死ぬまでにがんにならないかもしれません。

 

いつがんになるかわからないのに

がんと診断されるまで毎月保険料を払い続けないといけません。

明日までなのか

5年先なのか

もっと未来の30年先なのか

これも他の保険にもいえることです。

 

いつ来るかわからない「がん」になるわずかな確率にかけるのが

がん保険です

 

がん保険に入っても治らない

がん保険は

入っていて「がん」にかかったとします。

治りますか・・・?

 

▽ 結論 ▽

  • がん保険に入っていても治りません

 

そう、治らないです

 

仮にがん保険に入ってがんが100%治る保険なら

ぜひおすすめします。

 

自動車保険の場合は

保険金で修理すれば車が直ります。

がんの場合は

手術しても100%「がん」が治る保証が

ないです

 

がんになってもお金がもらえるだけの保険

がん保険は

100%治る保証がある保険ではありません。

 

がん保険とは

「がん」と診断されたら

ただお金がもらえるだけの保険です

それだけの保険です。

よく考えてみましょう。

がん保険は得なのか?

がん保険が

得なのか損なのかは

人によります。

 

30歳でがん保険に入った場合

毎月約3,000円の保険料は払います。

40歳にがんになって100万円もらったとしたら

10年間の保険料は➡36万円

64万円の得です。

 

70歳でがんになった場合は

30年間の保険料は➡108万円

マイナス8万円の損です

 

若くしてがんになれば

払い込みが少ない分

得ですが

 

はたして

若いうちにがんになるのか・・・?

 

40歳でがんで死亡する確率は(がんの死亡リスク)※がんセンター調べ

男女で0.1%未満

40歳の男性が60歳までにがんで死亡する確率は

1.6%未満です。

 

結論

  • 若いうちはがんになる確率は極めて低い
  • 60歳までにがんになる確率も2%未満と低い
  • 80歳あたりまでならないとがん死亡確率は1割に達しない

年寄りにならないとがんで死亡する確率が低いことから

がん保険に入っていたとしても

保険料を払いこんだ額に対して

損(赤字)になる確率が

きわめて高い

といえるでしょう。

 

そのため若いうちになるなら得かもしれませんが

年老いて(80歳以上)からがんになる確率が10%と高いので

仮に「がん」になったとしても

あまり得になるとはいえません。

なんともいえない確率にかけてもあまり意味がないです。

がん保険に入るくらいなら貯金をしておく

がん保険で毎月払い込む保険料を貯金に充てる。

  • 「がん」はいつなるかわからない
  • 若いうちにがんになる確率が極めて低い
  • がんになってもお金がもらえるだけ
  • 年寄りになってからがんになるので損する確率が高い

結局自分に払い込んだ保険料より

多く戻ってくるか少なく戻ってくるかの

損得の確率にかけるくらいなら

貯金で備えておけば問題ないです。

がん保険がいらない理由

公的補償と貯金で賄う。

公的補償とは

社会保険・国民健康保険にある制度

  • 高額療養費制度
  • 傷病手当金・休業補償給付

などを活用する。

高額療養費制度

100万円の医療費がかかっても

実際払う医療費は月約9万円前後で済む

 

傷病手当金・休業補償給付

万が一働けなくなっても

最大1年半までは給与補償してくれる(社会保険の場合約8割補償・国民保険は約6割)

差額ベッド代・食費は

貯金で賄う。

 

公的補償がしっかり守ってくれることから

わざわざ民間のがん保険に入っておく必要がない。

ということです。

 

まとめ:がん保険に入ってもガンは治らない!お金がもらえるだけ【必要か?】

がん保険は

保険に入っても

  • 治りません
  • お金がもらえるだけ
  • がんになる確率は極めて低い
  • 保険料の払い込みに対して損する確率が高い

結論

  • 公的保険をうまく活用
  • 不足分を貯金で賄う

確率にかけた保険に入るなら

保険料分を貯金しておく。

万が一にそなえるなら

保険ではなく

貯金です。

 

最終的に保険に入る入らないはご自身の判断です。

まずは見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました