Twitterはこちら instagramはコチラ

生命保険って何のために入るのか?ホントに必要なのか?

生命保険って何のために入るのか?ホントに必要なのか? 生命保険

こんにちわ!

生命保険・医療保険って入っているかたがほとんどだと思います。

日本では約80%のかたが保険に入っていると言われています。

 

果たして入っている保険はすべて必要なものですか?

  • 保険に何個も入っていませんか?
  • ホントに必要な保険ですか?
  • 保険に何個も入ってるから貯金に回す余裕がないとか思ったりしませんか?

今一度保険の見直してみてはいかがでしょうか

この記事では

ココでわかること
  • ホントに必要な保険なのかがわかります
  • 無駄な保険を省くことができます
  • 無駄な保険を省けば貯金に回せます

賛否ある思いますがコレを見ると保険に関する考え方が変わるかもしれません。

是非参考にしてみてください。

 

まずは保険とは何か?

保険とは?

いざという時の為に生活が困らないようにするため!

ですよね。

 

保険とは
  • すなわち安心
  • お金に困らないこと

 

ですが

保険に入ったから病気が治るわけではない

とも言えます。

 

貯蓄型保険

こんな保険ありますよね?

 

この貯蓄型保険は

  • 貯蓄しながら保険付きでお金がもらえること

ですが

保険の真の目的とは

お金を増やすためではなく

いざという時の為に生活が困らないようにするため!

 

お金を増やしたいなら・・・

投資をするべきです。

 

通常保険に入るなら・・・

保険なら掛け捨ててOKなんです。

わざわざ貯蓄と保険を混ぜる必要がないのです。

混ぜていけません!

 

貯蓄型保険とは・・・

ただ保険料が高いだけの保険です。

 

まず目的を確認をしましょう

まず何の目的なのかよく考えてみましょう。

前提条件によって違いますが

保険を入る人の目指す目的は何か?

お金を増やすために保険に入っているわけじゃないですよね。

 

ただ貯蓄をしたい場合の話なら・・・

貯蓄の為の保険なら不要

 

ちなみに

貯蓄型保険は・・・

手数料がものすごく高いだけの投資信託なんです

なので

貯蓄型保険は・・・

保険に入るつもりが高い投資をしていたという考え方をしたほうがいいです。

 

掛け捨て保険

掛け捨て保険なら一部の人には意味がある保険です。

特に家族がいる方(世帯主の場合)

 

保険に入って目指すところ

保険に入っておいたから

  • たまたまケガで入院して得した
  • 全くケガなどしないで保険を使わず損した

という問題ではないです。

 

  • 無駄なら省く
  • 本当に必要なら契約する

 

保険は万が一の時に生活に困窮しないために入るもの(もし確率1%に入った時の為)

 

要は最低限の貯蓄があれば社会保障で十分賄える

ということなんです。

 

家庭持ちの場合

  • 掛け捨て保険に入る

これだけで残された家族は十分生活困窮から守ることができます。

高額療養費制度を活用する

この社会補償を使えば高額な医療費がかかっても

年収にもよりますが

だいだいいくらかかっても

医療費は約9万円前後で済みます。

 

この高額療養費制度は私も首のヘルニアの手術をしたときに利用しました。
手持ちがない場合は先に申請しておけばこの額で医療費は収まります。(ベッド・食費は別途請求)

 

高額療養費制度以外にかかる経費がある

万が一の時の生活困窮しないために入るのが保険

 

はたして生きるために差額ベッド代は必要なのか?

 

それはただの贅沢費

個室しかない場合はベッド代はかからない。

 

食事代や消耗品は身体が健康でもかかる経費です。

 

働けない期間の生活費が足りない場合

この場合も保険ではなく社会保障を活用しますので

保険はなくても使わなくても大丈夫です。

 

  • 傷病手当金
  • 休業補償給付金

上記の2つを利用します。

 

傷病手当金・休業補償給付が最大1年半出る。

給料の2/3程度支給されます

 

もしくは保険の節約することで最低限の貯金を貯めることが先決でしょう

  • 多額の保険に入っているからお金が貯まりにくい状態。
  • 節約する(固定費削減)

 

入院中の稼ぎがなくなる

入院中の稼ぎがなくなる場合は

先ほどと同じく

  • 傷病手当金
  • 休業補償手当

を活用する。

 

入院給付金が欲しい

入院給付金の1日5,000円とかが欲しい場合。

年に何回も入院するなら話は別なのですが・・・

貯金しておけばわざわざ高い保険入る必要がない

という結論です。

 

入院すること自体が確率の低いギャンブルのようなものなので

確率の低い入院のためにわざわざ保険に入る必要はない。

 

保険を使うタイミングはギャンブルの確率と一緒

確率論でいうとギャンブルと一緒。

入院することは・・・

不幸のギャンブル災難に遭遇するギャンブルです。

 

  • 低い確率でたまたまケガで入院して保険金をもらっただけの話。
  • ほとんどの人がただ保険料を払っているだけで損をしているのが現状。

 

生活に困らないために保険に入っているはずなのに

多額の保険料を払っているがために貯金ができない。

結果 ➡ お金が貯まらない

 

そのため最低限の貯金をしておく

  • 貯金をしていれば無駄な保険に入る必要がない。
  • 世の中の常識と思われていることが常識ではない事。

 

まとめ:生命保険って何のために入るのか?ホントに必要なのか?

最終的はご自身の判断で保険に入りましょう。

  • 生命保険は一部の人には掛け捨てで十分なこと
  • 貯蓄型の保険はホントに必要か考えましょう
  • 保険とはなにかホントに必要な保険なのか考えよう
  • 無駄な保険を省いて貯金をしましょう
  • 貯めた貯金で差額分はカバーしましょう
  • 保険はリスクのある投資です

知識で身を守らないと保険会社にカモにされますので気を付けましょう。

 

ではまた👋

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました