Twitterはこちら instagramはコチラ

火災保険の見直し出来るって知ってました?得する固定費削減(賃貸編)

火災保険

管理人のひろくまです。

今回は火災保険を安く見直そうじゃないかっていう記事です、

賃貸物件を借りているほとんどの人は入居契約時に火災保険に加入しています。

大概の方は不動産の管理会社で火災保険を契約しています。自分もそうでした。

ですが、火災保険の見直しで安く加入することができます。

コレを知らない人は間違いなく損しています。火災保険を見直せば、毎年の固定費を下げることも可能ですので火災保険の見直しをしましょう。

そもそも火災保険って必要?

火災保険はもちろん必要です。火事は誰でも起こす可能性があります。火災保険に加入せず火事を起こした場合、借主が火災後の修復などの負担をしなくてはいけませんし、自分の家財が燃えて灰になっても何も戻ってきません。

なので火災保険は必ず加入しておきましょう。

なぜ見直しが必要なの?

管理会社に高い保険に加入させられている可能性が高い

ほとんどの方は不動産の管理会社で火災保険を契約しています。

管理会社で賃貸の火災保険に加入すると年間8,000円から10,000円あたりの保険料を1年、もしくは2年分一括で支払いしているケースが多いと思います。

年間8,000円~10,000円の保険料は高いのか?

実際に8,000円が高いのか安いのか、わからない方が多いと思います。大体ほとんどの人が割高の保険に加入させられています。

その理由を述べますと、

  • 割高な保障内容
  • 管理会社が保険会社からマージンをもらっている可能性がある
割高な保障内容

管理会社の言われるがままに加入した火災保険は火災以外にも

  • 水害補償
  • 風害補償
  • 落雷補償
  • 爆発補償
  • 破裂補償

などがありますがコレは基本補償。

主なオプションとして

  • 盗難補償
  • 暴力行為補償
  • 外部からの飛来などの補償

他にも補償内容があるのもありますが、これらの補償もセットで含まれた保険が大半なので

管理会社の保険は割高となっています。

管理会社が保険会社からマージンをもらっている可能性がある

これはその名の通り管理会社が保険会社がらマージンをもらっているから割高なのです。

 

火災保険を見直しするといくらになるの?

年間10,000円の保険料が2000~4000円あたりまで安くなります。

月額500円~から1000円の固定費節約

このくらいしか節約できないのかと思われがちですが、

1年間で6000円~10000円

10年間で60,000円から100,000円節約が出来るんです。

火災保険見直し後の解約タイミングはいつ?

火災保険の見直し後のタイミングはすぐ解約しましよう。

ほとんどの火災保険は日割り計算で戻ってきます。

解約後は新しく見直した保険に入ったらすぐに入りましょう。

管理会社は火災保険加入の義務化はできるが保険の指定は出来ませんので、新しく別の保険会社に加入しも賃貸契約解除されることはありません。

火災保険の見直しで家計を節約

どこの火災保険に入ったほうがいいの?

ではどこの保険会社の火災保険に入るのがおすすめ?

都道府県民共済

住まいる共済

お部屋を借りるときの保険

などがありますが、他はご自身で調べることをおすすめします。

どんな補償が必要なの?

インターネットでの加入もできる保険があります補償内容はご自身で必要な補償をチェック、不要な補償を外してお見積り。最低限必要な補償内容と保険料をご自身の予算と相談して加入してみてください。

ご自身でやり方が困難で加入するのが難しいという方はファイナンシャルプランナーなどのプロの方にオンライン見積もりプランを相談するのも一つの手段です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました