Twitterはこちら instagramはコチラ

エレコム ELECOM TK-FDP099 レビュー「超薄型コンパクトキーボード」

TK-FBP101BK02キーボード おすすめ生活用品

こんにちわ。Hiroくまです。

今回は「自宅用」「職場用」と職場でもプライベートでも愛用しているお気に入り商品。

ELECOMの超薄型コンパクトキーボード「TK-FDP099TBK」の紹介です。

ノートパソコンを使用している方は「キーボード」を個別に使用している方は少ないかと思いますが、とても使いやすくコンパクトです。個別にキーボードの購入選びに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

個別にキーボードが必要な理由

皆さんのパソコンはノート・デスクトップなど、様々だと思いますが、自分の職場の仕様は「ノートパソコン」「モニター✖2台」「キーボード」「マウス」の5点セットで使用しています。

イメージはこちらのような配置

職場のデスク

「ノートパソコン」「モニター」だと画面サイズが違うのでバランスが悪い。

モニターを同じ画面サイズにするため、ノートの画面は使用せず閉じた状態。画面はオフになります。

その為、個別に「キーボード」が必要になります。

 

 

ELECOM  TK-FDP099TBKの概要

パッケージ(表面)

パッケージ表面

外箱「パッケージ」はこのような仕様。「超薄型」をアピールしている表面です。

 

パッケージ(裏面)

パッケージの裏面には「対応OS」「製品仕様」「内容物」などが記されています。

ELECOM TK-FDP099の外観

 

見た目はよく見かけるキーボードよりはコンパクトで「超薄型」をうたってるだけあって、とても薄いです。

幅:367.1 ✖ 全長:127.5 ✖ 高さ:21.2mm

ELECOM TK-FDP099のメリット

  • 価格が安い
  • コンパクト設計
  • 無線で使用できる。
  • 打感のストロークが少ない。
  • タイピングミスが少ない。
  • パンタグラフ方式。
  • テンキーが付いている。
  • オン・オフのS/Wが付いている。
  • Windows・macの切り替えができる。

価格が安い

一番はコレです。価格は2,000位で購入できます。

使いやすいうえに価格が安いので、万が一故障して買い替えるにしてもコスパがいいですね。未だ故障はしていませんが、安くて使いやすい商品が一番です。

コンパクト設計

デスクの上でも小さいので邪魔にならない大きさです。

デザインもシンプル。

無線キーボード

無線2.4Ghzなのでわずわらしい優先と違い使いまわしが良いです。

打感のストロークが少ない

本体に鉄板が内蔵されているので、操作性良好でとても打ち込み感がよく静かです。

ミスタイピングが少ない

 

ELECOM TK-FDP099のキーボードの配置はノートパソコンのような配置です。

キー同士の間が3mmほどの距離があるので打ち間違えが少なくて、とても打ちやすくタイプミスが少ないです。

パンタグラフ方式

ノートパソコンと同じ「パンタグラフ」方式なのでノートパソコンを使用している方は何の抵抗なくタイピングできます。

テンキーが付いている

コンパクトなのに足りない配列がない!

コンパクト設計のキーボードはテンキーがないのが多いのですがELECOM TK-FDP099にはテンキーが付いているので便利です。

ELECOM TK-FDP099は全長がコンパクトな上、通常のキーボードのテンキー分の長さをカットした長さなのにテンキーが付いているのは大きなメリットです。

オン・オフのS/Wが付いている

右上にオン・オフのS/Wが付いているので、使用しない場合は電源がオフにできるので節電にもなります。

Windows・macの切り替えができる。

最初に電源を入れた場合、デフォルトは「Windows」用になっています。

「Mac」で使用したい場合は「Fn」キーを押しながら「W」を押すと切り替わります。

「windows」に戻す場合は「Fn」+「Q」で切り替わります。

WINDOWSとMacで併用して1つのキーボードを使う時は便利です。

 

 

ELECOM TK-FDP099のデメリット

次にELECOM TK-FDP099のデメリットを紹介しますが、あまりデメリットというほどのデメリットはありません。

  • Bluetoothが搭載されていない
  • NumLockキーのランプがない
  • 角度調整ができない

 

Bluetoothが搭載していない

ELECOM TK-FDP099はBluetoothが搭載されていないのが残念な点。USBポートが少ないパソコンではハブなど使えばカバーはできます。

自分は値段が安いのでELECOM TK-FDP099を選んでいます。

現在ではBluetooth付きの後継機が出ています。(色はブラック・ホワイト)

 

エレコム キーボード Bluetooth  ブラック TK-FBP101BK

 NumLockキーのランプがない

NumLockキーの「オン」「オフ」のランプがないので確認できない。ですが、さほど不便さはありません。

 

角度調整ができない

ELECOM TK-FDP099のキーボードは元々角度が付いていますが、角度調整が付いていないので平にすることができません。個人的にはもう少し角度が欲しい感じですが、キーボードの下に何か台などを敷けば調整可能です。

 

ELECOM TK-FDP099 キーボード レビューのまとめ

ELECOM TK-FDP099のメリット

  • コンパクト設計
  • 無線
  • 打感のストロークが少ない。
  • タイピングミスが少ない
  • パンタグラフ方式。
  • テンキーが付いている。
  • オン・オフのS/Wが付いている
  • Windows・macの切り替えができる。

ELECOM TK-FDP099のデメリット

  • Bluetoothが搭載されていない。
  • NumLockキーのランプがない
  • 角度調整ができない。

個人的な感想ではありますが、デメリットは探してもそれほどない点です。

新しくキーボードをお探しの方は個人的におすすめの製品の1つなので一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました